YSky_channel’s blog

海外旅行、海外移住、海外資産運用などに関する情報を発信するブログです

Firstrade

Interactive Brokers(IB証券)で2つ目の口座を開設した理由とその方法

この記事は、2分で読めます。 こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 Interactive Brokers(以下IB)が、2021年7月1日から口座維持手数料の徴収を廃止しました。 現在、IBに口座を一つ持っていますが、これを機に、もう一つ口座を開設す…

【2021年最新】Firstrade(ファーストトレード証券)スマホアプリ操作方法

この記事は、約5分で読めます。 こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 米国証券会社Firstradeは、日本在住者でも口座が開設でき、しかも取引手数料や口座維持手数料が無料です。 専用スマホアプリを使えば、米国株やETFを簡単に取引するこ…

【2021年最新】Firstrade(ファーストレード証券) 空売り対象銘柄を確認する方法

この記事は、30秒で読めます。 こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 米国証券会社Firstradeは、日本在住者でも口座が開設でき、米国株式やETFを空売りできます。 ただし、すべての銘柄を空売りできるわけではありません。 そこで、今回の…

【2021年最新】Firstrade(ファーストレード証券)のStatement(取引明細書)の解説

この記事は、1分で読めます。 こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 米国証券会社”Firstrade”で株やETFを取り引きすると、毎月1回、”Statement”と呼ばれる取引明細書が発行されます。 英語で書かれていることと、記載内容が日本の証券会…

米国証券会社で、米国株をShort Selling(空売り)する

この記事は、1分で読めます。こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 米国証券会社で出来て、日本国内証券会社では出来ないことの1つに、「米国株の空売り」があります。 そこで、今回の記事では、米国株の空売りについて解説します。 空売…

【2021年最新】DRIP(配当再投資制度)について

この記事は、1分で読めます。 こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 日本国内証券会社にはない、米国証券会社の魅力の1つとして、DRIP(配当再投資制度)があります。 日本在住者でも口座開設できる米国証券会社である、Interactive Bro…

Firstrade(ファーストレード証券) 日本の証券会社とは違った決まりごとあり!取引に関する注意点を紹介。

*この記事は、1分で読めます。 こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 米国証券会社「Firstrade」で取引をはじめて、日本の証券会社とはかなり違った決まりごとがあることに気づきました。 そこで、今回の記事では、取引に関して、注意す…

【2021年最新】米国証券会社「Firstrade(ファーストレード証券)」 口座へのACH送金方法を解説。無料で送金できます!

この記事は、2分で読めます。 こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 米国証券会社ファーストレード証券(Firstrade)口座への入金について、Revolutを使って、米国銀行ユニオンバンク(Union Bank)の口座に送金し、その口座からACH送金を…

【2021年最新】Firstrade(ファーストレード証券)口座開設方法について

おはようございます。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 ”Firstrade”は、米国株式やETFを手数料無料で購入できる、米国の証券会社です。 日本の証券会社と違って、国内居住者だけではなく、サポートしている世界29の国・地域の居住者であれば口座を…

長期・短期で米国証券口座を使い分け!さて2つ目の口座はどこにするか?

おはようございます。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 私の投資戦略は、長期と短期に分けて運用をしています。長期は、資産の7割、短期は、資産の3割をあてています。 長期積み立てに加え、短期投資を行うのは、全体パフォーマンス、シャープレ…

【2021年最新】日本在住者が開設できる米国証券会社4社を比較!IB、Firstrade、TradeStation、SogoTrade

おはようございます。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。 先日、日本在住者でも開設できる米国証券会社について、ご紹介しました。 どこの口座を開設したらよいのか迷われる方も多いと思います。 今回は、InteractiveBrockers(IB)、TradeStation、Fi…

海外移住者はもちろん、日本に住んでいても「海外証券口座」が必要な時代 おすすめ「IB証券」!

最近、米国系のInteractive Brokers 証券(以下IB証券)を開設しました。 今回の記事では、どうしてIB証券に口座を開設にしたのか、その決め手になった点を解説したいと思います。