YSky_channel’s blog

海外旅行、海外移住、海外資産運用などに関する情報を発信するブログです

【2024年6月最新】Revolut(レボリュート)両替カレンダー『2024年6月分』Mastercardクレジット・デビットカードからのチャージ手数料が廃止に!

アマゾン 本 ベストセラー

f:id:YSky_channel:20210904090156p:plain

この記事は、5分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

Revolutを利用すれば、会費無料のスタンダード会員でも、為替市場営業時間内であれは、月75万円までならお得なインターバンクレートで、しかも手数料無料で両替ができます。(月75万円を超えた部分には0.5%が手数料が発生します。)

ただし、為替市場営業時間外に両替する場合は、1%の手数料が取られます。

今回の記事では、手数料無料で両替できる日時をカレンダー(2024年6月)にまとめてみました。 

なお、昨日、RevolutからMastercardクレジット・デビットカードからのチャージ手数料が無料になるとのお知らせがありましたので、併せてお伝えします。

Revolutの詳細について、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info 

為替市場営業時間とは

為替市場営業時間は、どの会員種別も「ニューヨーク時間の金曜日17:00から日曜日18:00ニューヨーク時間を除く時間」に統一されました。

(以前は、スタンダード会員とプレミアム会員とでは異なっていました)

日本時間に置き換えると、時差は14時間(夏時間は13時間)ですので、営業時間は、土曜日の7:00から月曜日の8:00までを除く時間(夏時間の場合は、土曜日の6:00から月曜日の7:00までを除く時間)ということになります。

  • 東部標準時夏時間(EDT)の実
    施期間は、3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時まで(現地時間)

現在、夏時間(EDT)です。

利用規約(手数料、個人利用条件)のURLは次のとおりです。ご確認ください。なお、直近では2024年3月17日に改定が行われました。

(スタンダード会員)2024年3月17日改定

www.revolut.com

(プレミアム会員)2024年2月27日改定

www.revolut.com

(メタル会員)2024年2月27日改定

www.revolut.com

※⾼頻度に両替‧交換取引を⾏うスタンダード会員の場合、上記のスタンダード会員⼿数料無料枠(月75万円)を超えて、両替‧交換される合計⾦額には、0.5%のより⾼い⼿数料が適⽤されます。

(各プラン共通)2024年2月27日改定

www.revolut.com

営業時間外の料金

為替市場の営業時間外は両替の取引高も少なくなるため、Revolutでは、手数料として、「1%」を徴収しています。

(スタンダード会員)

  • 通常スタンダード会員: 1.0%
  • 高頻度に両替・交換取引を行う(月に¥750,000(または他通貨での同等額)を両替・交換取引に使用している)スタンダード会員:  1.5%

(プレミアム会員)

  • 1.0%

(メタル会員)

  • 1.0%

※タイ・バーツ(THB)やウクライナ・フリヴニャ(UAH)を両替する際には、1%の手数料が追加でかかっていましたが、2023年3月14日の規約改正により手数料がかからなくなりました。

両替カレンダー

うっかり営業時間外に両替して、手数料が発生してしまわないように、両替カレンダー(2024年6月分)を作成しました。

※カレンダーに記載の時刻は、日本標準時です。

チャージ手数料廃止

2024年5月31日にEメールでの送られて来たRevolutのお知らせの内容は、次のとおり。

変更内容

  • 日本国内で発行されたMastercardブランドのクレジットカード及びデビットカードからお客様のRevolutアカウントへ入金する際にかかる1.7% の入金(チャージ)手数料は、2024年6月11日 より廃止されます。
  • また、日本国内で発行された Mastercardブランドのプリペイドカードから入金する際にかかる入金(チャージ)手数料を1.7% から 1.3% に引き下げます。

ただし、Mastercardブランドの日本国外で発行されたカード(米国のカードなど)及びビジネスカードなどのコマーシャルカードから入金する際にかかる1.7%の入金(チャージ)手数料は変更されません。

今回の変更により、6月11日からは、チャージ手数料が不要なのは、これまでのVISAブランドのデビットカード(国内発行)に加えて、Mastercardブランドのクレジット・デビットカード(国内発行)となります。

これらのカードからチャージした資金は、これまで通り、送金・ATM引き出しには利用できません。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

Revolutは、賢く使えば、両替手数料、送金手数料なく、海外送金してくれます。

海外に送金をしたり、旅行にいったりする者にとっては、非常に助かるアプリです。

なお、2024年2月26日(月)から、これまでのクレジットカードやプリペイドカードに加え、デビットカードからチャージした資金についは、「送金」や「ATM引き出し」で利用できなくなりましたので、ご注意ください。

Revolutのアカウント開設方法については、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info

 

今回の記事がお役に立てれば、うれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます!  

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額1,080円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト