YSky_channel’s blog

海外旅行、海外移住、海外資産運用などに関する情報を発信するブログです

Revolutでの両替。休日には要注意!手数料が発生します。

f:id:YSky_channel:20210501193331p:plain

この記事は、30秒で読めます。

おはようございます。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

Revolutを利用すれば、平日であれは、月75万円までならインターバンクレートでしかも手数料無料で両替ができます。

ただし、休日に両替する場合は、手数料が取られてしまいます。

そこで、今回は、このことについて、解説します。

Revolutの詳細について、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info

 

 

休日の手数料とは

通常、土曜日、日曜日及び英国の銀行休業日には、為替市場は営業時間外となっており、両替の取引高も少なくなるため、Revolutでは、その間の取引には手数料として0.5%を徴収しています。

 

英国時間での休日

休日とは「土曜日、日曜日及び英国の銀行休業日」のことですが、これらは日本時間ではなく、英国時間での土曜日や日曜日を指します

日本と英国との時差は、9時間(夏時間(3月下旬~10月)は8時間)あります。

月曜日の早朝7時に両替をしてしまうと、英国ではまだ日曜日なので、手数料が発生してしまいますので、注意が必要です。

 

両替カレンダーの作成

うっかり休日に送金して、手数料が発生してしまわないように、両替カレンダー(2021年5月分)を作成しました。

これを見て、記載している時間帯(日本時間)で両替を行うようにしましょう。

f:id:YSky_channel:20210501192141j:plain

 

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

Revolutは、賢く使えば、最強のデジタルバンクとしての機能を発揮してくれます。

アカウントを開設して是非活用してみましょう。

Revolutのアカウント開設方法については、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます!