YSky_channel’s blog

海外旅行や海外生活をお得で気軽に実現するためのブログです

海外旅行の両替は、手数料がかからない「セディナカード」でキャッシングがお得!

海外旅行に行ったとき、まずしなければならないのが現地通貨の入手です。

一昔前なら、現金やトラベラーズチェックで で両替をするのが主流でしたが、ネット決済ができる時代、今は、ATMでキャッシングをすることをおすすめします


私は、手数料もかからず、ネットで簡単に繰り上げ返済ができるセディナ カードを使って、毎回キャッシングをして現地通貨を調達しています。10,000円程度のキャッシングなら2~3日後に繰り上げ返済を行えば、利息も十数円で済んだりします。

そこで、今回は、海外旅行をする際、是非持っておきたい「セディナカード」を紹介します。

 

f:id:YSky_channel:20190723231357j:plain

セディナカード公式サイトより

 

セディナカードがオトクな理由

セディナカードがオトクなのか、3つの理由を紹介します。

 

キャッシングの手数料が無料

他のクレジットカードでは、通常、

・現地ATMの利用手数料
・クレジットカード手数料
の2つの手数料が取られます。

 

ところが、なんと「セディナカード」はこれらの手数料が無料です。

 

ネットで繰上げ返済が利用できる

 

キャッシングしたお金には、利息がかかるので、できるだけ早く返済しておきたいものです。

 

クレジットカード会社では、繰上げ返済を認めている場合があります。ただし、その場合、ほとんどがクレジットカード会社に電話して手続きをしなけれななりません。

 

クレジットカード会社に電話をかけたことがある方はご存知だと思いますが、なかなかつながりません。かなり面倒な作業だといえます。また、電話代もかかります。

 

ところが、「セディナカード」はネットからの手続きで繰上げ返済をすることができます。

 

したがって、海外旅行中の旅先からも返済することが可能なので、利息の支払いを最小限にすませることが可能です。

 

年会費が無料

クレジットカードには、年会費が必要なものも多く存在しますが、「セディナカード」は年会費が無料です。

 

セディナカードを利用する際の注意点

セディナカードの利用にあたっては、いくつか注意点があります。

 

Mastercardを選ぼう

セディナカードは、VISA、Mastercard、JCBの国際クレジットカードブランドから1つ選ぶことができますが、Mastercardを選ぶようにしましょう。

 

理由は、Mastercardのほうが、レートが良く設定されているからです。

 

ATMで「日本円か?現地通貨か?」と聞かれたら、必ず「現地通貨」を選択しよう

海外のATMでは、最近、「日本円に交換(Conversion)するか?」とよく聞いてきます。もし、「はい」を選択すると割高になります。

 

なので、必ず「現地通貨」を選択しましょう。

 

f:id:YSky_channel:20190723221625j:plain

上の写真は、今年(2019年)に、香港国際空港にあった中国銀行のATMでキャッシングした際に、撮影した写真です。

 

左側に「CHARGE MY ACCOUNT IN HKD」とあり、右側に「CHARGE MY ACCOUNT IN HOME CURRENCY」とあります。

つまり、香港ドルと母国通貨(=日本円)とが選べると書いてあります。

もちろんこの場合、現地通貨(=香港ドル)を選択しました。

母国通貨を選んでしまうと、中国銀行側が決定した為替レート(カード会社が決めている為替レートよりも高い)で支払わされるからです。

 

このとき、セディカードを使って、中国銀行とHSBCのATMで、それぞれ200HKDを引き出して、後日、利息がどうなっていたか確認してみました。

クレジットカード各社のキャッシング実質年利はほとんどの場合18%ですので、利息は1日あたり0.05%(18%/365)となります。セディナカードももちろん同様です。

今回、利用日が2月20日で、返済日が2月23日でしたので、借りていた日数は3日となります。

この3日間の利息は、0.05✗3=0.15%となります。

200HKD(2,818円)を引き出した場合の利息はたった5円となります。

元金利息合わせて2,823円となりました。

BlogPaint

実際、セディナカードの繰り上げ返済をした際の明細をみると、2,823円となっており、カード会社は利息以外の手数料はとっていないことがわかります。

両方とも利用金額は同額(2,823円)でした。どちらの銀行のATMを使おうが同じでした。

 

(2019.8.26追記)

先日、タイに行った際、バンコク銀行のATMでも、1,000THBを2回キャッシングをしてみました。

取引明細書には、1回ごとに220THBの手数料の記載がありましたが、帰国して繰り上げ返済をしてみたところ、実際には、いつもと同じように、利息16円(2,000THB(6,926円)×0.05×4.5日)以外の手数料は取っていませんでした。 BlogPaint

まとめ

海外旅行の両替は、「セディナカード」でキャッシングがお得というお話でした。これから海外旅行へ行こうと考えている人には是非ともおすすめしたいクレジットカードです! 

 

 

セディナカードのお申込みはこちらから

www.cedyna.co.jp