YSky_channel’s blog

海外旅行、海外移住、海外資産運用などに関する情報を発信するブログです

【2022年10月】Revolut(レボリュート)両替カレンダー

f:id:YSky_channel:20210904090156p:plain

この記事は、3分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

Revolutを利用すれば、会費無料のスタンダード会員でも、為替市場営業時間内であれは、月75万円までならお得なインターバンクレートで、しかも手数料無料で両替ができます。(月75万円を超えると両替金額の0.5%が手数料としてかかります)

ただし、為替市場営業時間外に両替する場合は、手数料が取られてしまいます。

今回の記事では、手数料無料で両替できる日時をカレンダーにまとめてみました。 

Revolutの詳細について、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info 

為替市場営業時間とは

為替市場営業時間は、どの会員種別も「ニューヨーク時間の金曜日17:00から日曜日18:00ニューヨーク時間を除く時間」に統一されました。

(以前は、スタンダード会員とプレミアム会員とでは異なっていました)

日本時間に置き換えると、時差は14時間(夏時間は13時間)ですので、営業時間は、土曜日の7:00から月曜日の8:00までを除く時間(夏時間の場合は、土曜日の6:00から月曜日の7:00までを除く時間)ということになります。

  • 東部標準時(EST)の夏時間実施期間は、3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時まで

現在、米国は夏時間です。

会員種別ごとの利用規約のURLは次のとおりです。

ご確認ください。

(スタンダード会員)

https://cdn.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_Fees_(Standard)_0.3.0_1638512689_ja.pdf

(プレミアム会員)

https://cdn.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_Fees_(Premium)_0.2.1_1633316175_ja.pdf

(メタル会員)

https://assets.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_fees_(Metal)_1.0.0_1642985140_en.pdf

営業時間外の料金

為替市場の営業時間外は両替の取引高も少なくなるため、Revolutでは、米ドル、ユーロなどの主要通貨の取引には手数料として1%を徴収しています。("THB"と"UAH"は2%)

なお、貴金属については、営業時間内外に関わらず以下のとおり手数料が発生します。

(スタンダード会員)

  • 通常スタンダード会員: 1.5%
  • 高頻度に両替・交換取引を行う(月に¥750,000(または他通貨での同等額)を両替・交換取引に使用している)スタンダード会員: 2.0%

(プレミアム会員)

  • 0.5%

(メタル会員)

  • 0.5%

両替カレンダー

うっかり営業時間外に両替して、手数料が発生してしまわないように、両替カレンダー(2022年10月分)を作成しました。

カレンダーに記載の時刻は、日本標準時です。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

Revolutは、賢く使えば、両替手数料、送金手数料なく、海外送金してくれます。

海外に送金をしたり、旅行にいったりする者にとっては、非常に助かるアプリです。

Revolutのアカウント開設方法については、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年9月20日報道】Revolut(レボリュート) 今度はハッキング被害!個人情報が流出か?

f:id:YSky_channel:20210904090156p:plain

この記事は、4分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

日本子会社が資金決済法に基づく業務改善命令を受けたり、親会社である英国法人の不正会計疑惑が発覚したりと、最近、悪いニュースが続いてるRevolutですが、今度は、欧州で、ハッキング被害が発生しました。

今回は、このハッキング被害に関するニュースをお伝えします。

最近のRevolutに関するニュースは、こちらもご覧ください。 

www.ysky.info

www.ysky.inf

www.ysky.info 

ニュースサイトが報道した内容

米国IT系ニュースサイト"TechCrunch”が、2022年9月20日に報道した概要は、次のとおりです。

報道の概要
  • Revolutが、ハッカーによるサイバー攻撃を受けたことを確認した。

  • Revolut の広報担当 Michael Bodansky 氏によると、「許可されていない第三者が、当社の顧客のごく一部 (0.16%) の個人データに短期間アクセスした」と語った。

  • 9 月 11 日深夜にサイバー攻撃を発見し、翌朝までにはこの攻撃を遮断することに成功した。

  • 「攻撃による影響を受けた顧客には連絡した。メールを受け取っていない顧客は影響を受けていない。」と同氏は述べた。

  • Revolut は、影響を受けた顧客の正確な数を明らかにしていないが、同社のウェブサイトによると、同社には約 2,000 万人の顧客がいることから、その0.16% である約 32,000 人の顧客に影響があったとみられる。

  • Revolutの説明では、資金にアクセスされたり盗まれたりしていない。

  • Revolutは、顧客のどの情報に不正アクセスがあったか明らかにしていないが、Reddit に投稿された影響を受けた顧客に送信されたメッセージの中では、同社は「カードの詳細、PIN、またはパスワードにはアクセスされなかった」と記載されていた。

TechCrunch(テッククランチ)は、主にIT系のスタートアップ(ベンチャー)やWebに関するニュースを配信している米国のウエッブサイトです。

Revolutは、TechCrunchの取材に対して、「この件で資金にアクセスされたり盗まれたりしたことはない」とのことです。

しかし、アクセスされたデータによっては、それらを利用して、今後、ユーザーが被害にあう可能性もあります。

Revolutはアクセスされたデータを公表していないようですが、速やかにこれらを公表すべきです。

今回のハッキング被害については、RevolutはTechCrunchをはじめ複数のメディアの取材に対しては事実を認めていますが、現在のところ、公式サイトではなにもコメントがあがっていません。

ハッキングがあったのが、9月11日ですので、それから2週間近く経過していますが、ことの重大性からみて、事実関係をすぐに記者発表を行ったり、公式サイトにコメントを掲載すべきであったと思います。

TechCrunchのニュース記事は、こちらからご覧ください。

techcrunch.com

やはりバックオフィスや管理部門の体制がなっていない?

Revolutは、最新のテクノロジーを駆使したFintechです。

それ故に、技術者中心の組織体制のせいか、バック オフィスや管理部門の体制が脆弱なように思います。

今回の件でも、Revolutのビジネスの信頼性を損ねないような重大な事件にも関わらず、ハッキング被害の事実をすぐに自ら公表しなかったのは、失態と言えます。

本来なら、すぐにその事実を公表し、お詫びの言葉とともに、今後、すみやかに調査を行い、実態を明らかにし、ハッキング被害をおこさないようシステムや体制の強化を行うというコメントを発表すべきでした。

世界で2,000万人以上のユーザーを抱える企業としては、お粗末な対応だと思います。

Revolutが今後も成長を続けるには、バックオフィスや管理部門の不可欠であることを今回の件から改めて感じました。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

今回は、米国IT系ニュースサイト"TechCrunch”が報じたRevolutのハッキング被害についてまとめました。

Revolutの説明では、この件では資金にアクセスされたり盗まれたりしたことはないとのことですが、ユーザーとしてはしばらくの間は自分のアカウントに不審なことがないか注意を払っておくべきだと思います。

Revolutには、この件については、速やかに実態を解明し、ことの顛末を公表するとともに、システムの強化、さらには、バックオフィスや管理部門の強化を図ってもらいたいです。

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年9月5日】Revolut(レボリュート)、今度は、英国親会社が不正会計疑惑!フィナンシャル・タイムズが報じる

f:id:YSky_channel:20210904090156p:plain

この記事は、3分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

9月2日(金)に、日本でRevolutを運営する"REVOLUT TECHNOLOGIES JAPAN(以下Revolut)"が、関東財務局から資金決済法に基づく業務改善命令を受けたということは、このブログでもお伝えしました。

その親会社である英国法人の不正会計疑惑が発覚したと、英国「フィナンシャル・タイムズ」が9月5日に報じました。

今回の記事では、この不正会計疑惑についてまとめました。

Revolutに関する記事は、こちらもご覧ください。 

www.ysky.inf

www.ysky.info 

フィナンシャル・タイムズが報じた内容

フィナンシャル・タイムズが報じた内容は、次のとおりです。

内容
  • 「財務報告評議会(FRC)」は、会計事務所BDOが7月に発表した「不特定の金融サービスプロバイダー」の監査報告における欠陥を指摘している。
  • 関係筋からの情報によると、この金融サービスプロバイダーはRevolutであり、FRCは、監査報告に関して虚偽表示があったと伝えている。
  • FRCは、BDOが行った監査の方法自体に対しても批判を行っている。
  • 今後、Revolutの関連会社が、9月末までに監査報告を提出する必要があるが、監査報告が期限までに間に合うのか懸念される。

「財務報告評議会(FRC)」は、コーポレートガバナンス、会計事務所、公認会計士等を監督する英国の機関です。

日本では、金融庁が所管する「公認会計士・監査審査会」が同じような役割を担っています。

Revolutグループの親会社である Revolut Group Holdings Ltd と Revolut Ltd は、2021 年の決算を 9 月末までに提出する必要があります。

もし提出に間に合わない事態になると、Revolutの最高経営責任者であるNikolay Storonskyを含む会社の取締役の起訴や、英国の法律に基づく会社自体に対する民事罰につながる可能性があります。

バックオフィスや管理部門の強化が不可欠

Revolutは、最新のテクノロジーを駆使したFintechです。

それがゆえ、既存の銀行のようなバック オフィスや管理部門のような地道な活動をようする部門がどうも軽視されているような印象を受けます。

英国法人や日本法人の今回の問題は、このような点が根っこにあるはずです。

FRC も、Fintechに対して「銀行のような管理環境を持つ必要がある」も指摘しており、Revolut も今後これらの点に傾注していかなければならないはずです。

それができないと、Revolutが目指している銀行免許の取得も実現できません。

一方、バックオフィスや管理部門に資源を増やすことで、現状の格安のサービスが維持できるのかという問題もあります。

今までイケイケで成長してきた、Revolutも厳しい局面に立たされました。

Revolut は、欧州で 2 番目の規模のプライベート・フィンテックであり、2021年には日本のSoftBank と 米国のTiger Global が主導した 8 億ドルの資金調達を行いました。

ただし、2020 年の最新の年次決算では、1 億 6,800 万ポンドの純損失を記録しており、安定して収益を上げている企業では決してありません。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

今回は、英国「フィナンシャル・タイムズ」が報じたRevolut英国法人の不正会計疑惑にについてまとめました。

この件については、現状では、Revolutや監査法人サイドからはコメントはないようですが、ひょっとすると近いうちになにか大きな動きがあるかもしれません。

こうしたニュースが相次ぐと、今現在は、お金のやりとりをRevolutで行うのは正直怖いという利用者も多いのではないかと思います。

今後、Revolutの利用者がこれまでどおり増え続けるのか気になるところです。

フィナンシャル・タイムズの記事は、こちらです。(有料)

www.ft.com

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年9月2日】Revolut(レボリュート)、関東財務局から業務改善命令を受ける!

f:id:YSky_channel:20210904090156p:plain

この記事は、3分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

今回もRevolutネタで、恐縮です。

9月2日(金)に、日本でRevolutを運営する"REVOLUT TECHNOLOGIES JAPAN(以下Revolut)"が、関東財務局から資金決済法に基づく業務改善命令を受けました。

「業務改善命令」と言えば、TBS系人気ドラマ「半沢直樹」に登場する黒崎駿一検査官の「お仕置きよ!」を思い出します。

ドラマでは、「業務改善命令」は、金融機関にとっては、存続の危機にもつながる恐ろしいものとして描かれていました。

そこで、今回の記事では、Revolutが受けた業務改善命令についてまとめました。 

Revolutの詳細について、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info 

Revolutに対する業務改善命令

業務改善命令の内容は、次のとおりです。

内容

(1) 資金移動業の適正かつ確実な遂行のため、以下に掲げる事項について業務の運                     営に必要な措置を講じること。

  • 経営管理態勢の構築(内部管理態勢及び内部監査態勢の構築を含む。)
  • 法令等遵守態勢の構築
  • 外部委託先管理態勢の構築
  • マネー・ローンダリング及びテロ資金供与リスク管理態勢(以下「マネロン・テロ 資金供与リスク管理態勢」という。)の構築 

(2) 上記(1)に関する業務改善計画(具体策及び実施時期を明記したもの。)を令和       4年10月3日までに提出し、提出後、直ちに実行すること。

(3) 上記(2)の実行後、当該業務改善計画の実施完了までの間、3か月毎の進捗・実       施状況を翌月10日までに報告すること(初回提出基準日を令和4年10月末とす      る。)。

処分理由は、次のとおりです。
処分理由

 金融庁において、当社に対し法第54条第1項の規定に基づき立入検査を実施し、報告を求めた結果、以下のとおり、当社の経営管理態勢、外部委託先管理態勢、マネロン・テロ資金供与リスク管理態勢について、重大な問題が認められた。

(1) 経営管理態勢等

 経営陣の関与不足などから、取締役会が十分に機能しておらず、内部管理態勢や内部監査態勢等が適切に整備されていなかった。このため、以下(2)・(3)に掲げる態勢の不備が認められるなど、資金移動業を適正かつ確実に遂行する体制等の整備が十分に行われていなかった。

(2) 外部委託先管理態勢

 当社は、取引時確認業務等、主要な業務の大部分を当社の親会社等に委託しているが、委託した業務について、再委託、再々委託の事実を把握していないなど、その業務の実施状況を確認していなかった。また、委託先が当該業務を適正かつ確実に遂行しているかを検証等していないなど、法第50条に定める委託先に対する指導その他の委託業務の適正かつ確実な遂行を確保するために必要な措置が講じられていなかった。

(3) マネロン・テロ資金供与リスク管理態勢

 事業規模の拡大に応じた適切なマネロン・テロ資金供与リスク管理態勢の構築を十分に行ってこなかった結果、取引目的及び職業の未確認といった、犯罪による収益の移転防止に関する法律(平成19年法律第22号)に違反する事例が認められた。また、厳格な取引時確認を行う態勢の不備、疑わしい取引の判断に係る規程の不備のほか、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドラインにおいて対応が求められる事項に係る措置が不十分である事例などが認められた。

「外部委託先管理態勢の構築」とありますが、主要なサービスを自らチェックせず、ロンドンに拠点を置く親会社に丸投げしていたのがよくなかったようです。

たしかに利用をしていて、チャットによる問い合わせなどは、ほとんどが英語による回答で、しかも日本時間の日中には対応してもらえなかったのもこうしたことが影響していたのだと思われます。

改善すべきこととして記載された4点について、来月10月3日までに「業務改善計画」を提出し、それを直ちに実行する必要があります。

わずか1カ月ほどでこれらすべての改善を行わないといけないのは、なかなか大変な作業であることは間違いありません。

いわんや、小規模体制のフィンテック企業であれば、なお更です。

とりあえず、なんとか業務改善計画を期限までに提出するでしょうが、もしその後も違反を繰り返すようなことが続くと、一段重い「業務停止命令」を課し、特定の業務を一定期間止めて是正を求められることもあります。

さらには、「登録の取消」といった最も厳しい処分に至ることもありえます。

残高を「ゼロ」、しばらく様子見に

とりあえず業務改善計画が提出される10月までは、Revolutの利用は控える予定です。

送金可能な「デビットカードからのチャージ分残高」については、国内銀行口座に送金しました。

また、送金不可の「クレジットカードからのチャージ分残高」については、モバイルSuicaにチャージするとともに、モバイルSuicaの上限20,000円を超える分は、Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入しました。

モバイルSuicaの方が、使い勝手がよいので、こちらに全額移したかったのですが、残念ながら上限があるので仕方ありません。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

今回は、日本でRevolutを運営する"REVOLUT TECHNOLOGIES JAPAN(以下Revolut)"が、関東財務局から資金決済法に基づく業務改善命令を受けたことについてまとめました。

最近、「プリペイドカードからの入金資金の現金化取引」や「現金化可能額の再計算」などの問題で、お騒がせしていたRevolutですが、ついに業務改善命令を受けてしまいました。

これを受け、Revolutは、「本件命令を厳粛に受け止め、経営管理態勢その他の内部管理態勢を適切に再構築するとともに、業務運営態勢の強化を図ることで、全社を挙げてこれらの管理態勢の不備の徹底した改善に取り組んでまいります。」というコメントを発表しています。

利用者の一人としては、とても残念ですが、サービス内容には素晴らしいものがあるので、なんとかこの苦境を乗り越えて、さらに素晴らしいサービスを提供してもらえればと思います。

この件に関するRevolutから発表内容は、こちらをご覧ください。

blog.revolut.com

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年9月速報】au PAY プリペイドカード→Revolutルート完全復活!チャージした金額に対して0.5%のPontaポイント付与を確認!

f:id:YSky_channel:20220206180908p:plain

この記事は、1分で読めます。

おはようございます。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

先日、2022年6月14日にau PAY→Revolutルートが塞がれた後、2カ月過ぎた8月16日にルートが復活したことをお伝えしました。

しかし、この時点では、まだ、au Pay プリペードカードからのチャージに対してPontaポイントが付与されるか不明でした。

なぜならば、チャージしてからポイントが付与されまで、2週間程度かかるからです。

8月31日に、8月18日のチャージに対してPontaポイントが付与されたことを、次のとおりアプリで確認することができました!

これをもって、au PAY プリペイドカード→Revolutルートが「完全復活」していたことを改めて報告します。

前回お伝えした内容は、こちらの記事をご覧ください。

www.ysky.info

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年9月】Revolut(レボリュート)両替カレンダー

f:id:YSky_channel:20210904090156p:plain

この記事は、3分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

Revolutを利用すれば、会費無料のスタンダード会員でも、為替市場営業時間内であれは、月75万円までならお得なインターバンクレートで、しかも手数料無料で両替ができます。(月75万円を超えると両替金額の0.5%が手数料としてかかります)

ただし、為替市場営業時間外に両替する場合は、手数料が取られてしまいます。

今回の記事では、手数料無料で両替できる日時をカレンダー(\にまとめてみました。 

Revolutの詳細について、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info 

為替市場営業時間とは

為替市場営業時間は、どの会員種別も「ニューヨーク時間の金曜日17:00から日曜日18:00ニューヨーク時間を除く時間」に統一されました。

(以前は、スタンダード会員とプレミアム会員とでは異なっていました)

日本時間に置き換えると、時差は14時間(夏時間は13時間)ですので、営業時間は、土曜日の7:00から月曜日の8:00までを除く時間(夏時間の場合は、土曜日の6:00から月曜日の7:00までを除く時間)ということになります。

  • 東部標準時(EST)の夏時間実施期間は、3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時まで

現在、米国は夏時間です。

会員種別ごとの利用規約のURLは次のとおりです。

ご確認ください。

(スタンダード会員)

https://assets.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_Fees_(Standard)_0.3.0_1638512686_en.pdf

(プレミアム会員)

https://assets.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_Fees_(Premium)_0.2.1_1633316175_en.pdf

(メタル会員)

https://assets.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_fees_(Metal)_1.0.0_1642985140_en.pdf

営業時間外の料金

為替市場の営業時間外は両替の取引高も少なくなるため、Revolutでは、米ドル、ユーロなどの主要通貨の取引には手数料として1%を徴収しています。("THB"と"UAH"は2%)

なお、貴金属については、営業時間内外に関わらず以下のとおり手数料が発生します。

(スタンダード会員)

  • 通常スタンダード会員: 1.5%
  • 高頻度に両替・交換取引を行う(月に¥750,000(または他通貨での同等額)を両替・交換取引に使用している)スタンダード会員: 2.0%

(プレミアム会員)

  • 0.5%

(メタル会員)

  • 0.5%

両替カレンダー

うっかり営業時間外に両替して、手数料が発生してしまわないように、両替カレンダー(2022年9月分)を作成しました。

カレンダーに記載の時刻は、日本標準時です。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

Revolutは、賢く使えば、両替手数料、送金手数料なく、海外送金してくれます。

海外に送金をしたり、旅行にいったりする者にとっては、非常に助かるアプリです。

Revolutのアカウント開設方法については、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年8月28日注意喚起】明日29日、Revolutが「現金化可能額の再計算」実施!

f:id:YSky_channel:20211009231806p:plain

この記事は、2分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

先週8月24日に、Revolutから「現金化可能額の再計算 実施予定のご案内」と題したメールが、以下のような内容で送られてきました。

8月4日に、Revolutでは、一部のプリペイドカードにおいて、本来禁止されている現金化取引が可能な状態になっており、以下のような対策を行ったことは、以前にこのブログでもお伝えしました。

  1. 当該プリペイドカードからの入金資金の現金化取引をシステム上で制限
  2. 入金残高が残っている場合、システム上で現金化可能額を再計算
  3. 再計算後の現金化可能額については、アプリで確認可能

今回のメールによると、このうち、2の再計算に誤りがあったため、もう一度再計算を行うということのようです。

過去の記事はこちらをご覧ください。

www.ysky.info

再計算の実施日は、明日8月29日(月)です。(時間は不明)

Revolutを利用している人は、念のため、本日中に、次のことを行っておきましょう。

  • アプリやPCから明細書(PDF)をダウンロードをする。
  • アプリの「アカウント」画面(現金残高や保有している貴金属の金額を表示)と「出金・送金可能残高」画面のスクリーンショットを撮っておく
出金・送金可能残高の画面を表示

出金・送金可能残高の画面を表示する方法は、次のとおりです。

アプリを開き、画面左上のアイコンをタップします。

プロフィールセクション内の上限をタップする。

出金・送金可能な残高をタップする。

今回は、明日29日に実施される、Revolutの「現金化可能額の再計算」に関する注意喚起でした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます!

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年8月16日深夜】祝 au PAY プリペイドカード→Revolutルート完全復活!Marriott Bonvoyアメックスホルダー必見!Revolutカードを利用してポイント二重取りや端数切れ防止などを解説。Marriot Bonvoyアメックスの年間決済額を増やす裏技も!

f:id:YSky_channel:20220206180908p:plain

この記事は、6分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

6月14日にau PAY→Revolutルートが塞がれたことを以前の記事でお伝えしましたが、2カ月過ぎた8月16日にルートが復活しました。

これにより、MarriottアメックスがVISAカードとしてお得に利用することができます。

今回の記事では、このことについて改めて解説します。

以前の関連記事は、こちらをご覧ください。

www.ysky.info

www.ysky.info

Revolutとは

Revolutとは、イギリスを拠点とするフィンテック企業「Revolut社」が提供する金融サービスです。

このサービスを利用すれば、送金・両替・カード決済・支出管理等をスマホアプリで完結することができます。

世界1,800万人以上が利用しており、日本でも2020年9月からサービスを開始しました。

本国イギリスでは、法律上「銀行」として登録されており、「SWIFT」と呼ばれる銀行間ネットワークにも接続していますが、日本法人である「REVOLUT TECHNOLOGIES JAPAN株式会社」は、「銀行」ではなく、「資金移動業者」として登録されています。

Revolutのサービスの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

www.ysky.info

Revolutカード

本国イギリスでは、銀行という位置づけですので、Revolutカードは、銀行口座の残高に紐づけして決済する「デビッドカード」ということになります。

カードにも「デビットカード」と明記されています。

しかし、日本法人は「銀行」ではなく、「資金移動業者」ですので、発行するカードは、実態は「デビットカード」ではなく、Kyashなどと同様、あらかじめチャージして支払う「プリペイドカード」ということになります。

「スタンダード・プレミアム・メタル」の3種類の会員種別があります。

メタルは会員は月額1,980円、プレミアム会員は月額900円の会費がかかりますが、スタンダード会員は無料です。

両替や送金を頻繁にするのでなければ、スタンダード会員で十分だと思います。

Revolutカードの特徴

  • 事前にチャージが必要
  • 支払時のポイント還元はなし
  • 発行手数料・年会費無料(スタンダード会員のみ)
  • 国際ブランドはVISAのみ
  • VISAタッチ対応
  • 3Dセキュア対応
  • 買い物での1%のキャッシュバック[上限月5,000円](メタル会員のみ)
  • 支払内容は即時にアプリに反映
  • ガソリンスタンドOK
  • クレジットカード(VISA・Mastercard)からチャージ可能
  • 一部のプリペイドカード(VISA・Mastercard)からチャージ可能

f:id:YSky_channel:20220206175947p:plain

さらにセキュリティが強靭で、スマホアプリを使って、カードの設定を次のように設定を自由に変更することができます

  • カードを利用停止にすることができる
  • オンライン取引を無効にできる
  • スワイプ支払いを無効にできる
  • ATM引出しを無効にできる

Revolutカードで決済するメリット

Revolutカードで決済するメリット、次のとおりです。

  • プリペードカードからモバイルSuicaにチャージが可能
  • 端数切りの防止
  • ポイント二重取り

プリペードカードからモバイルSuicaにチャージが可能

プリペイドカードからプリペイドカードにチャージしても、ポイントは付かないというのが一般的です。

しかし、Revolutカードは、プリペイドカードでチャージした場合、そのプリペイドカードのポイント還元を受けることができます。

例えば、「au PAYプリペイドカード」から「モバイルSuica」へチャージしても、Pontaポイントはつきません。

しかし、au PAYプリペイドカードからRevolutにチャージした際、しっかりとau PAYプリペードカード側にポンタポイント0.5%還元があります。www.ysky.info

auPAYプリペイドカードの特徴

  • KDDIが発行するプリペイドカード
  • 金額に応じて、Pontaポイントが貯まる
  • 年会費・発行費・チャージ手数料はすべて無料
  • 国債ブランド Mastercard

f:id:YSky_channel:20220206174354p:plain

端数切りの防止

例えば、Aupayプリペードカードで決済すると、

  • 200円のものを購入  1ポイント付与(0.5%還元)
  • 300円のものを購入  1ポイント付与(0.5%還元)
  • 400円のものを購入  2ポイント付与(0.5%還元)

という具合に、金額によっては端数が切り捨てられ、ポイントが十分にもらえないことがあります。

しかし、auPAYプリペードカードからRevolutカードに200円の倍数でチャージすれば、ポイントの端数切捨てがなくなります。

チャージしたRevolutカードで決済すれば、無駄なくポンタポイントがたまります。

ポイント二重取り

さらに高還元率のクレジットカードからauPAYプリペイドカードにチャージをすれば、クレジットカードに付与されるポイントも二重取りすることができます。

チャージ・決済の流れは、次のとおりになります。

1.クレジットカードからauPAYプリペイドカードへチャージ
2.auPAYプリペイドカードからRevolutカードへチャージ
3.Revolutカードで買い物・決済

この手順を踏めばポイントを無駄なく二重取りできます。

なお、auPAYプリペイドカードへのチャージは上限月10万円までとなっていますので、ご注意ください。 

「Marriot Bonvoyアメックス」のポイント付与・決済額増の裏技

このサイトでもご紹介している「Marriot Bonvoyアメックス」をお持ちの方は、モバイルSuicaに直接チャージしてもポイントは付与されません。

f:id:YSky_channel:20220224210941p:plain

しかし、auPAYプリペイドカード→Revolutカード→モバイルSuicaにチャージすることで、ポイントを獲得できます。

ただし、通常100円につき3ポイント付与ですが、auPAYプリペイドカードからへのチャージは、200円につき3ポイントが付与されることになります。(還元率1.5%)

それでも、auPAYプリペイドカードからRevolutカードへのチャージ分(0.5%)を含めると還元率は2%となります。

なお、Revolutはアメックスには対応していないので、直接Marriot BonvoyアメックスからRevolutカードにはチャージできません。

このような形で使えば、VISAでしか決済できないお店でもSPGアメックスのポイントが稼げるとともに、年間決済額を増やすことができます

2月24日からSPGアメックスは、Marriot Bonvoyアメックスに移行し、今後は、無料宿泊特典は年間決済額150万円以上じゃないともらえません。

また、年間決済額が400万円以上になれば、「プラチナエリート」のステータスが取得できます。

是非、この裏技を使って年間決済額を増やしましょう!

SPGアメックスカードについては、こちらの記事をご覧ください。

www.ysky.info

www.ysky.info

www.ysky.info

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

今回は、auPay→Revolutルートが復活したことと、このルートを利用して、ポイントの二重取りや端数切れ防止などにやり方について紹介しました。

Revolutカード(スタンダード)は、それ自体はポイントの付与はありませんが、年会費無料で発行できる使い勝手のよいカードです。

Revolut の口座開設方法については、こちらの記事をご覧ください。

www.ysky.info

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

Amazonがお得!

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)が30日間無料(通常月額880円)!
Amazon Music Unlimited公式サイト
Audible(聴く読書12万冊聴き放題)が30日間無料(通常月額1,500円)!
Audible公式サイト 
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)が30日間無料(通常月額980円)!
Kindle Unlimited公式サイト

【2022年8月】再発行した新Revolutカード、何が一体変わったのか⁈

この記事は、3分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

先日再発行手続きを行った「Revolutカード(スタンダード会員)」が8月15日に自宅に届きました。

アプリに記載されていた到着予定日は8月18日でしたので、3日ほど早く届きました。

外見は、「青」と「赤」をメインとしたグラデーションカラーから「紺」と「赤」をメインとしたグラデーションに色合いが変わっていましたが、それ以外はどこがどのように変わったのか一見するだけではまったくわかりません。

前回の記事でご紹介したとおり、Revolutからの再発行の案内メールには、サービスを充実させる予定である旨記載されていました。

そこで、今回の記事では、いったい何が変わったのか、今回、送られてきたカードをもとに検証した結果をまとめてみました。

Revolutから「カードの再発行手続きが必要」とのメールが届いたことに関しては、こちらの記事をご覧ください。

www.ysky.info

送られてきたもの

封筒は、いつものとおり、いたってシンプル。

表の右隅に、筆者の住所と宛名が英語で小さく記載されていました。

「料金後納郵便」が使われているところをみると、国内から郵送されたようです。

ちなみに、プレミアム会員やメタル会員のカードは、ポーランドのワルシャワから航空便で郵送されてきます。

裏の右下には、Revolutの日本法人名と住所がこれまた小さく記載されていました。

カードは、当初送られてきたときと同じく、Revolutカラーに彩られた紙のケースに入れられた届きました。

ケースの裏には、次のような説明がありました。

次のような説明書きも添えられていました。

カードを受け取ったら、「有効化」を行ってくださいという内容です。

「VISA GOLD DEBIT」の記載が消えている

次に確認したのが、旧カードに記載のあった「VISA GOLD DEBIT」の文字。

旧カードでは、裏面に小さく記載がありました。

新カードでは、これがなくなっていました。

VISAゴールドカードの特典サイトに、カード番号を入れてみましたが、以下のとおり「このカードは対象ではありません」というメッセージが出ます。

やはり、VISAゴールドではなさそうです。

www.visa.co.jp

カードの発行銀行が変わっていた

カード番号をよく見ると、最初の6桁の数字が前カードと番号を変わっていました。

カード番号の最初の6桁は、カードの発行銀行ごとに番号が異なっています。

つまり、旧カードと新カードでは、カードの発行銀行が異なっているということです。

デビットカードやクレジットカードの最初の6桁の数字のことを「BINコード」と呼びます。

BINは、「Bank Identification Number」の頭文字をとったもので、日本語に訳すと「銀行識別番号」ということになります。

このBINコードを検索できるサイト(BankBinList)がありますので、こちらで検索をしてみました。

検索結果を見ると、発行銀行は、バンク・オブ・アメリカに変わっていました。

しかも、カードの種類は、「クラシック」です。

これでこのカードが「ゴールド」でないことがはっきりしました。

 

「BankBinList」で検索

ちなみに旧カードの発行銀行は、ジュニパー銀行(Juniper Bank)でした。

しかし、この銀行は、ウイキペディアで調べると、2006年にバークレイズのクレジット カード部門に統合され、現在は存在しません。

これまで、存在しない銀行のカードが利用されるという「摩訶不思議な状態」でありました。

「BankBinList」で検索

BankBinListは、こちら

www.bankbinlist.com

旧カードが届いたときの詳細については、こちらをご覧ください。

www.ysky.info

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

今回は、再発行した新Revolutカード、いったい何が変わったのか、今回、送られてきたカードをもとに検証した結果をまとめました。

今回わかったことは、

  • カードのステータスが、ゴールドからクラシックにダウングレードされた
  • 発行銀行がバンク・オブ・アメリカに変わった。

Revolutから送られてきたカードの再発行が必要とのお知らせメールには、「新しいカードならではの魅力的な機能がいくつか追加されている」とありましたが、残念ながら今回の検証結果では、この点まったくわかりませんでした。

今後、Revolutから新機能について発表があるでしょうからそれを楽しみに待ちます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます! 

【2022年8月4日】Revolutから「現金化可能額の再計算について」というメールが届きました!

f:id:YSky_channel:20211009231806p:plain

この記事は、3分で読めます。

おはようございます。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

先週8月4日に、Revolutから「現金化可能額の再計算について」と題したメールが送られてきました。

何事かとメールをよく見てみると、Revolutでは、一部のプリペイドカードにおいて、本来禁止されている現金化取引が可能な状態になってしまっていたようです。

今回の記事では、このことについて解説します。

メールの内容

Revolutから送られてきたメールの内容は、次のとおりです。

  • 一部のプリペイドカードとの関係において、下記のとおり、本来禁止されている現金化取引が可能な状態となっていました。
  • 上記の問題は、一部のプリペイドカードについて、弊社のシステム上、現金化取引が可能なものとして認識されていたことが原因であった。
  • 上記の問題に対し、以下のとおり対応した。

    ① 当該プリペイドカードからの入金資金の現金化取引をシステム上で制限

    ② 入金残高が残っている場合、システム上で現金化可能額を再計算

    ③ 再計算後の現金化可能額については、アプリで確認可能

「一部のプリペイドカード」とありますが、どのプリペードカードなのかはメールには記載されていませんでした。

プリペイドカードの現金化

Revolutの個人利用条件9条 「Revolutアプリ又はRevolutカードの利用に関する制約」は、プリペイドカードによりRevolutアカウントに入金した資金を送金することやATMで引き出すこと(現金化取引)を禁止しています。

これは、資金決済法で、プリペイドカードの払戻しが原則認められていないことを起因します。

なぜ認められいないかというと、銀行法に違反することになるからです。

「銀行法」とは、銀行業を営む事業者に対し、様々なルールや規制を設けている法律で、銀行の健全な経営と預金者の保護を目的としています。

銀行法は、免許を持たない者が、現金以外による決済方法である「為替取引」を行うことを禁止しています。

もしも、プリペイドカードの自由な払い戻しを許してしまうと、プリペイドカードが送金手段として利用されることになり、これが「為替取引」に該当します。

プリペイドカードを使って現金化は、まさにこの払い戻しにあたります。

払い戻しを禁止されている主体は、本来プリペイドカードの発行会社ですが、Revolutカードを使ってそれが実現してしまうとなると、Revolutも放置することはできません。

それゆえ、先ほど紹介したRevolutの内部規程において、プリペイドカードによりRevolutアカウントに入金した資金を送金することやATMで引き出すこと(現金化取引)を禁止しているわけです。

現金化可能額の確認方法

現金化可能額については、次の手順で確認することができます。

アプリを開き、画面左上のアイコンをタップします。

プロフィールセクション内の上限をタップする。

出金・送金可能な残高をタップする。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

今回は、Revolutから届いた「現金化可能額の再計算について」というメールに関して、解説しました。

メールが届いてから、実際に、現金化が認められていない「プリペイドカード」と現金化が認められている「デビットカード」でそれぞれチャージしてみました。

すると、確かに、デビットカードでチャージした分だけ現金化可能額に追加されていました。

これまで、送金や出金ができる金額がアプリで明示されなかったので、利用する際とても不便でした。

それが改善されたのはよかったと思いますが、今回の件でシステムへの信頼性に多少不安を感じました。

しかし、Revolutは、両替手数料が安く、送金手数料が無料という超破格のサービスを提供しているかぎり、こういうことがあったとしても引き続き利用していくつもりです。

Revolutのアカウント開設をするには、こちらの記事をご覧ください。

www.ysky.info

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます!

【2022年7月27日】現在のRevolutカードが10月で使えなくなる!カード再発行手続きが必要!

f:id:YSky_channel:20220313174542p:plain

この記事は、4分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

Revolutから、7月27日夜に「今すぐカードを再発行しましょう」というメールが届きました。

今のカードの有効期限が、2024年だったので、どういうことなのかと思いながら、放置していました。

すると、8月2日夕方に「カードの再発行をお忘れなく」というメールが再び届きました。

ネットで確認したところ、多くのRevolutのユーザーに同様のメールが送られているようです。

今回の記事では、メールの内容とカード再発行のやり方について解説します。

メール内容

Revolut から届いたメールの内容は、次のとおりです。

  • カードでの買い物をより良くするため、いくつかの変更を行った。
  • 便利になったカードを利用してもらうためカードの再発行を行う。
  • 再発行にかかる手数料は、無料である。
  • 使用中のカードは 2022年10月4日までは有効(それ以降は利用できない)
  • 有効期限が近づいたら、再度同様の通知を送る。
  • プレミアム会員、メタル会員はカードのデザインを選択することができる
  • 新しいカードならではの魅力的な機能がいくつか追加されている。(詳細不明)

再発行の方法

まずは、メールの「カードを再発行する」(赤線で囲んだ部分)をタップします。

すると、Revolutのアプリが起動しますので、指紋認証等を行い、ログインします。

次に、「お手持ちのカードを無料で交換」という画面があらわれますので、下部にある「続行」をタップします。

カードを選択する画面があらわれますので、「スタンダード」、「メタル」、「プレミアム」から再発行するカードを選択します。

*メタルとプレミアムについては、カラーを選択します。

選択したら、PINの作成画面が現れますので、任意の数字を4つ入力します。(現在のカードと同じ数字でもOK)

確認の画面があらわれるので、再度PINを入力します。

次に配送先住所の画面があらわれます。現在登録している住所が記載されています。

変更があれば、修正をしましょう。

確認・修正後、下部の「配送先住所を確認」をタップする。

後は、通常配送の無料になっているか確認したら、下部の「続行」をタップすれば、完了です。

GooglePayの登録も引き続き行うことができます。

GooglePayを利用する方は登録しておきましょう。

*現在使用しているRevolutカードもGooglePayに登録し、決済できます。

つまり、カードが手元になく有効化しなくても、登録はできます。

ただし、決済ができるのは、カードが届き、有効化してからになります。

カード再発行手続きの完了後、しばらくすると、「お客様のRevolutカードがまもなくお手元に届きます。」と記載された手続き完了確認のメールが届きます。

カードの到着予定日は、15日後となります。

カードが届いたら、カードの有効化作業を行いましょう。

Revolutとは

Revolutとは、イギリスを拠点とするフィンテック企業「Revolut社」が提供する金融サービスです。

このサービスを利用すれば、送金・両替・カード決済・支出管理等をスマホアプリで完結することができます。

世界1,800万人以上が利用しており、日本でも2020年9月からサービスを開始しました。

本国イギリスでは、法律上「銀行」として登録されており、「SWIFT」と呼ばれる銀行間ネットワークにも接続していますが、日本法人である「REVOLUT TECHNOLOGIES JAPAN株式会社」は、「銀行」ではなく、「資金移動業者」として登録されています。

Revolutは、自身が発行する「Revolutカード」はタッチ決済機能ほか、高度なセキュリティ機能を有し、買物の支払いに利用できるほか、手数料無料かつ有利なレートでの為替両替・送金、予算管理、貯金など多くの機能を備えた金融アプリを提供しています。

Revolutのサービスの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

www.ysky.info

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

今回は、「 現在のRevolutカードが10月で使えなくなり、カード再発行手続きが必要である」とメールの詳細とカード再発行のやり方について解説しました。

送られてきたメールに書かれていた「新しいカードならではの魅力的な機能がいくつか追加されている」と記載されていましたが、具体的に何かということは一切触れられていませんでした。

どんな機能なのか気になります。カードが届くのが楽しみです、

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます!

【2022年8月】Revolut(レボリュート)両替カレンダー

f:id:YSky_channel:20210904090156p:plain

この記事は、3分で読めます。

こんばんわ。管理人のuncleゆーさん(@UncleYusan)です。

Revolutを利用すれば、会費無料のスタンダード会員でも、為替市場営業時間内であれは、月75万円までならお得なインターバンクレートで、しかも手数料無料で両替ができます。(月75万円を超えると両替金額の0.5%が手数料としてかかります)

ただし、為替市場営業時間外に両替する場合は、手数料が取られてしまいます。

今回の記事では、手数料無料で両替できる日時をカレンダー(\にまとめてみました。 

Revolutの詳細について、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info 

為替市場営業時間とは

為替市場営業時間は、どの会員種別も「ニューヨーク時間の金曜日17:00から日曜日18:00ニューヨーク時間を除く時間」に統一されました。

(以前は、スタンダード会員とプレミアム会員とでは異なっていました)

日本時間に置き換えると、時差は14時間(夏時間は13時間)ですので、営業時間は、土曜日の7:00から月曜日の8:00までを除く時間(夏時間の場合は、土曜日の6:00から月曜日の7:00までを除く時間)ということになります。

  • 東部標準時(EST)の夏時間実施期間は、3月の第2日曜日午前2時から11月の第1日曜日午前2時まで

現在、米国は夏時間です。

会員種別ごとの利用規約のURLは次のとおりです。

ご確認ください。

(スタンダード会員)

https://assets.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_Fees_(Standard)_0.3.0_1638512686_en.pdf

(プレミアム会員)

https://assets.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_Fees_(Premium)_0.2.1_1633316175_en.pdf

(メタル会員)

https://assets.revolut.com/terms_and_conditions/pdf/technologies_japan_inc_Personal_fees_(Metal)_1.0.0_1642985140_en.pdf

営業時間外の料金

為替市場の営業時間外は両替の取引高も少なくなるため、Revolutでは、米ドル、ユーロなどの主要通貨の取引には手数料として1%を徴収しています。("THB"と"UAH"は2%)

なお、貴金属については、営業時間内外に関わらず以下のとおり手数料が発生します。

(スタンダード会員)

  • 通常スタンダード会員: 1.5%
  • 高頻度に両替・交換取引を行う(月に¥750,000(または他通貨での同等額)を両替・交換取引に使用している)スタンダード会員: 2.0%

(プレミアム会員)

  • 0.5%

(メタル会員)

  • 0.5%

両替カレンダー

うっかり営業時間外に両替して、手数料が発生してしまわないように、両替カレンダー(2022年8月分)を作成しました。

カレンダーに記載の時刻は、日本標準時です。

まとめ

今回の記事は、いかがでしたでしょうか?

Revolutは、賢く使えば、両替手数料、送金手数料なく、海外送金してくれます。

海外によく行かれる方や海外送金をよくされる方は、アカウント開設を検討されてはいかがでしょうか。

Revolutのアカウント開設方法については、こちらをご覧ください。 

www.ysky.info

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回の記事が良ければ、ブックマークとスターをお願いします。

また、SNSでシェアして頂けると、モチベーションが上がります。

今後も役に立つ、記事を配信していきます!